結婚式のスピーチで緊張しそうな時にできる工夫

結婚式のスピーチを成功させる!緊張を乗り切る対策サイト

直前にはストレッチでリラックス

座りながら出来るストレッチ

披露宴で食事をしているときに大きな動きをすることは困難です。目立ってしまって恥ずかしいですね。そんな時でも出来る簡単なストレッチを紹介します!
緊張してきたと思ったら、座ったまま身体に力を入れて、肩をあげましょう。その状態を10秒間ほど続けて、その後、一気に力を抜きます。
そうすることで全身の力が抜けて、身体がほぐれたいい状態でスピーチが行えるはずです。
またスピーチの直前は、バクバクする心臓を抑えるために、深く腹式呼吸をしましょう。お腹に空気をためるようにゆっくりと息を吸い、3秒ほど呼吸を止めてから、ゆっくりとお腹をへこませて息を吐きだします。腹式呼吸を心がけることで、落ち着いて話すことが出来ますし、声もより大きく出ます。
緊張状態で身体が硬くなると、思ったように声を出すことが出来ません。スピーチ前は身体をしっかりとほぐしておいてください。

直前に!緊張に効くツボ押し

緊張した時はツボ押しも効果的です!テーブルの下でこっそり出来るので、ストレッチよりも目立たなくて良いですね!
緊張に効くツボは2つあります。労宮(ろうきゅう)と神門(しんもん)です。
労宮は手のひらの真ん中にあります。中指と薬指を曲げたときに指がつく辺りです。ここは交感神経の興奮を抑えてくれるので、緊張を和らげることができます。また、疲労回復にも効果があるので、スピーチ前だけでなく、疲れが溜まっているなと感じたときにも押してみてください!
神門は手首の小指側の端の所、筋と骨の間です。神経の高ぶりを抑えてくれるツボです。また、動機や赤面にも効果があります。人前に立つとついつい顔が赤くなってしまって恥ずかしい、という人はぜひとも直前にここのツボを押してみてください。
いつもと違う状況に身体が勝手に反応してしまうことは仕方がないことです。身体をリラックスさせることで心も落ち着かせましょう。


このコラムをシェアする